本文へスキップ

SealdLink シールド・リンク はITソリューションとEcoエネルギーカテゴリー関連事業を専門とする会社です。

Ecoエネルギー関連事業SERVICE&PRODUCTS

BDF(バイオディーゼル燃料)開発業務

「BDFを100%使用したディーゼル機関から大気中に排出されるCO2は、カーボン・ニュートラルのために結果的に、CO2の増加として計上されません」

使用期間のみがエコであっても、その製品が製造される過程と寿命等などで廃棄処分される過程でもエコでなければ意味がありません。
今流行の?ハイブリットカーや、太陽電池にしても製品として世の中に出回っている期間は大変エコかもしれませんが、果たして製造過程では?廃棄処分時は?
そういった意味から、弊社では植物由来の燃料に着眼しております。
主にパームを原料としたBDFの バイオマス燃料は二酸化炭素排出量が計上されないこととなっているため地球温暖化対策に大きく貢献します。

※カーボン・ニュートラルはバイオマス燃料使用により大気中に放出されるCO2は植物の成長過程で光合成により大気中から吸収したCO2であることから、CO2を増加させない意味です。
「エコ・エネルギー」は、温室効果ガスの排出の少ない、環境にやさしいエネルギーのことです。
その定義は、「新エネルギー」とほぼ同じですが、その自然的特色を考慮し、「新エネルギー」には含まれない地熱エネルギー、水力エネルギー、海洋エネルギーを含めて「エコエネルギー」と呼んでいます。

BDFを100%使用したディーゼル機関から大気中に排出されるCO2は、カーボン・ニュートラルのために結果的に、CO2の増加として計上されませんので、地球温暖化防止対策に大きく貢献し、その比重は0.9ほどであるため、軽油取引税(32.1円/L)の課税対象とはなりません。
ガソリンを燃料とした主な乗用車やハイブリットカーも確かにガソリン消費量が少ないためCO2の大気放出も以前とくらべ格段に減少しましたが、大気排出0(ゼロ)とまではいきません。
また、これら自動車が製品とし消費され、走り回っているときのみCO2排出量が少なければ良いのではなく、製造から廃処分までの工程全てがCO2削減対象であるのが理想です。
製造、廃処分時に発生するCO2削減はまだまだ我々人類の課題ではありますが、自動車が走り回っている期間、せめてディーゼル機関にはBDFの使用を弊社では強くお勧めしたいと思います。
近年、陸上を走るディーゼルエンジンにおいては、主に軽油使用前提での排気ガス規制が定められ、短期規制から新長期、ポスト規制へとますます規制が厳しくなり、コモンレール搭載ディーゼルの出現が目立ちます。
これらは、もちろん化石燃料の一部である軽油使用に関しての規制と言え、最初からBDF100%使用ならばこのような事態にはならなかったかもしれません。燃費はともかく排ガス規制に関して、コモンレールの登場は不要だったかもしれません。

<コモンレール対応BDFへの挑戦>

BDF精製時のコストさえクリアすれば、軽油取引税の課税対象とならないため(B100の場合)、「環境にやさしく」、「サイフにもやさしい」ということが成り立ちますが、プラント精製も序所に安定し、精製コストも下がってきたと思われるや否や、排ガス規制のあおりを受け、コモンレール搭載車が出現してきました。
従来どおり同一のBDFでコモンレール搭載車への給油ができれば、問題とならない訳ですが、コモンレール式ディーゼルエンジンのそのデリケートな構造ゆえ、簡単に対応できないのが現状です。
  
弊社では、その希望されるお声を聞き、コモンレール対応のBDFを研究しています。

JIS規格K2390の脂肪酸メチルエステル含有96.5%以上を満たす、様々なBDFを試験しておりますが、残留メタノール
による金属腐食や表面酸化、または、粘度、流動率、残留不純物から始動時のノズル詰まりで悩まされております。

B5くらいならば問題は皆無だが、B100での挑戦を行う意味がここにあると思います。
弊社では様々なBDFをB100でのコモンレール対応はデーターがあります。各プラント様からサンプルを頂けば、評価も行っております。

代表取締役 河中 裕介



省電力・太陽光発電事業

E26用LED換装

「LED換装工事」

既存の照明器具をLED化することで、消費電力の低下が期待できるのはもちろんですが、機器そのものの交換ではコストがかかりすぎ、その後の電気代で元が取れるにしても時間がかかります。機器を交換することによってリニューアル性を強調したい場合を除き、省電力だけを求める場合は機器はそのままでランプのみの交換が効果的です。
(安定器直結、GX10q系であれば更に角度調整が必要な場合もあります)

LEDは直流で点灯し、半導体であるためその寿命は本来は半永久的であるはずですが、現在自動車用のものを除きAC/DCコンバーター内蔵の電球単体として流通しており、その殆どは明るさ重視するあまりにオーバードライブで点灯しています。
つまりここで寿命が発生しているということになり、「定格値」という数値は寿命ありきの値へと変化していき、LEDの使用用途がかつてはパイロットランプ(表示灯)のみとしてだった頃と定格値の定義が変化しています。
もちろん、寿命がなければLEDランプ業界は無くなってしまいます。
20W直管蛍光灯装換前換装後

40W型直管LED 消費電力19.8W 2400lm GizaRex製 2700円/1本(税別)
GX10q/1/2/3/4全対応E26型変換アダプター GizaRex製 450円/1個(税別)


ソーラーパネル

「太陽光発電システム設置工事」

主に高効率な単結晶パネルで一般住宅から工場屋上、広い敷地を利用したメガソーラーまで施工しております。

ソーラパネルのみ最近の単価は1W当たり180円
 例)2KW 360,000円


バナースペース

株式会社ギザネットグループ
SealdLink シールド・リンク